2021年春のキャンペーン
一般クラスバナー

変化の激しい時代を生きる子どもたちへ。

あなたは、KN-LINK BOXING CLUBについて知人の方にお聞きになってこちらのサイトにお越しになったでしょうか?

もしくは、チラシをご覧になりたどり着かれたのでしょうか?

 

はじめまして、KN-LINK BOXING CLUB代表の中野敬太と申します。

 

KN-LINK BOXING CLUBは、2019年12月に幕張ベイタウンでオープンしたボクシングスクールです。今では、多くの子どもたちがボクシングを習いに通い、お隣の幕張ベイパークでもスクールを運営しています。

しかし、はじめはボクシングをなかなか受け入れてもらうことができませんでした…。ボクシングは、子どもがやるスポーツという認識がなく、危険なイメージもあるためでした。

 

私はプロボクサーとして、14年間活動しました。

その中で、厳しいトレーニングはもちろん、日々の節制から減量。そして大観衆の前で戦うプロの試合の緊張感。海外にも単身でトレーニングにいくなど、ボクシングを通して多くの経験をしてきました。Chuchill Boxing Club

 

ボクシングと聞くと、一見攻撃的なイメージを持たれるかもしれませんが、大切なことはパンチを打たれないこと。つまり、自分を守る力を持つということです。

これはボクシングに限らず、全てのことに当てはまると思っています。

 

人は何かにチャレンジするとき、誰でも恐怖感を抱きます。チャレンジすることは誰でも怖いからです。

 

それでも、果敢にチャレンジできる人がいます。

 

それは、心のどこかで自分は大丈夫だと感じているからではないでしょうか?つまり、自分を守る力があるという自信があるのです。

 

私は、ボクシングを通してこの守るチカラを身につけることで、子ども達に何度でもチャレンジしていける力を身につけていってもらいたいと思っています。

それは、変化のスピードがますます速くなるこれからの時代において、何度でもチャレンジできる力は何よりの武器になるからです。

 

その想いが、少しづつではありますが、地域の皆様からの共感をいただき、ボクシングに取り組む子ども達が増えてきました。

ドラム打ち

 

 

スクールに通う子ども達は、いつも本当に楽しそうにボクシングに取り組んでいます。

 

楽しむことが継続を生み、継続が自信を作ります。

 

不思議な事に、はじめは大人しくてなかなか自分を表現できなかった子も、少しづつボクシングの上達とともに自信をつけ、頼もしい顔つきに変わっていきます。

 

スクール生のご両親からは、

「最近自信がついてきて、堂々としてきた気がします。」

「前よりウチの子が明るくなった気がします。」

そんな声もいただくようになりました。

マスボクシング

子どもにどんな習い事をさせるべきか、親なら誰でも悩まれると思います。私自身、現在3人の子どもの子育てをしているので、とてもその気持ちが分かります。

 

あなたのお子様が、何に興味を持ち将来どんな道を歩んでいくのかは分かりませんが。

 

私は、子ども達が将来自分の道を見つけた時に、迷わずチャレンジでき、その子らしい人生を歩んでいけるように、その土台づくりのお手伝いをさせていただきたいと思っています。

 

もし体験をしていただく際は、予約フォームからでも構いませんし、お電話からでも構いません。もちろん、見学だけでも喜んでご案内をさせていただきます。

 

あなたのお子様が、伸び伸びと成長していけますように。

キッズクラス

KN-LINK誕生秘話。

インスタバナー
スクールブログ
オンラインショップ
MENU
PAGE TOP