【非認知能力】ボクシングの格言『心は熱く!頭は冷静に!』に迫る!

こんにちは、けいたコーチです。
いつもブログを読んでいただきありがとうございます!


幕張ベイタウンの毎週水曜日はボクシングの日ということで、今回は幕張ベイタウン校の様子をお伝えする『ウィークリー・ボクシングスクール@幕張ベイタウン』に加え、『非認知能力シリーズ第6弾』『メタ認知ストラテジー』についてボクシングの視点で深掘りしていきたいと思います。

ボクシングでは、冷静に状況分析できる力はとても重要です。今回もめちゃくちゃ重要な話になると思います!

スクール生保護者の方ボクシングに興味がある方教育意識の高い方なんかには絶対に読んでいただきたい内容です!

それではいってみましょう!

固定メンバーが勢揃い!

今週から4月ということで、
新年度を迎え、ますます気合いが入っている幕張ベイタウン校!

休会中だったスクール生も戻ってきて、やっといつものメンバー生揃いしました!

定員いっぱいの幕張ベイタウン校!

これからこのメンバーで、切磋琢磨しボクシングを磨いていきます!!

怒涛の集中力。

先週から引き続き幕張ベイタウン校では、

「水を飲んだりグローブをつけたりするのはインターバル中に素早く行い、ブザーが鳴る前に練習場に戻る。」

これを徹底しています。

その成果か、練習がめちゃくちゃスピーディに進んでいきます。

集中を切らしている暇はなく、怒涛のように練習が進んでいきます。

久々に戻ってきたスクール生には、その雰囲気についていくのは少し大変だったかもしれませんが、すぐ慣れますよ!

チャンピオン誕生。

KN-LINK BOXING CLUBでは、毎週縄跳びの練習を行なっています。

年長や1年生では、縄跳びが苦手な子も少なくありません。
(はじめからバリバリ跳べる子の方が少ない。)

しかし縄跳びも自転車と同じで、ちゃんと練習すれば絶対にうまくできるようになります。

今週一人のスクール生から嬉しい報告がありました。

「この前あった、学校の縄跳び大会で一番になったんですよ!」

その子は決して縄跳びが得意な子ではありませんでしたが、マリココーチとコツコツ粘り強く特訓していました。その結果が縄跳びチャンピオンですから!
(マリココーチをチャンピオン製造機と呼びましょう!)

きっと自信をつけたに違いありません!
(ボクシングはちゃんとやればいいことばかり!)

どんどん自信をつけていくスクール生。

他にも、

少しづつ腹筋がつきはじめ『シックスパッグ』が見えはじめたスクール生や、

靴を新調したら、めちゃくちゃ動きが良くなってトップに迫りはじめたスクール生など。

どんどんボクシングをやってきた成果がスクール生たちにではじめています。

ボクシングに限らずですが、なんでも成果が出るのには時間がかかります。

目に見えた成果がはじめは見えなくても、コツコツ継続することで、火山が噴火したかのような成果が出ることがあります。

しかしほとんどの人がそこまでやらないんです。

毎週コツコツ続けることができるだけどもかなりのアドバンテージになります!


今週もボクシングを楽しみました!!

『メタ認知ストラテジー』とは?

さてそれではここからは今回の本題である、『非認知シリーズ』です!

今回は、『メタ認知ストラテジー』について考えます。

ちょっと難しい名前の『メタ認知ストラテジー』。まずはその定義づけから。

メタ認知ストラテジー

自分のスキルや置かれた状況を冷静に客観的に把握することができる。


これはなかなか新人ボクサーには難しいのですが、トップ選手たちは必ず持っている能力です。

これがあるとないとでは、もちろん試合でのパフォーマンスもですが、練習効率も上げていくことができません。

心は熱く!頭は冷静に!

これはボクシングでの有名な格言なのですが、

『心は熱く!頭は冷静に!』

もう、この言葉がボクシングにおいての『メタ認知ストラテジー』の重要性を全てを物語っていますね。

私の経験からも、これは本当に重要なことだと思います。

ボクサーで多いのは、

ハートが熱くてガッツがあるのですが、頭の中まで熱くなり、リング内で賢い選択を取れない選手がたくさんいます…。

ボクシングのような、闘争心が重要になってくる競技においては、とてもこのバランスが難しいんです…。

私自身も、本当にこのバランス感に苦しみました。
(もちろん今でも修行中です。)

バランスが本当に難しい。

これは私の経験談になりますが、

闘争心を持って戦えているときは、どうしても熱くなりすぎカッとなってしまうことも少なくなく、逆に冷静になれているときは、冷静になりすぎてしまい、様子を見てしまい勝機を逃してしまうことがよくありました。

特に、若い頃は熱くなりすぎており、逆にキャリアが進むと淡白になりすぎてしまっていた傾向があったと思っています。

熱さと冷静さは真逆のものですが、これを同時に持ちながら使いこなせないといけないのがボクシングです。
(ボクシングは奥が深いんですよ。)

自分の力を受け入れるのも強さ。

私自身、10代の頃からボクシングで身を立てたいと考えていたので、逆に未熟な自分を受け入れられずに苦しんだ経験があります。

成長には段階があって、しっかり自分の課題をこなしていけば着実に力がついていきます。

しかし血気盛んな若者であった私にはその概念がなく、とにかくできないことへの不甲斐なさを受け入れることができませんでした。

なので、チャンピオンクラスの先輩と自分を比べて、勝手に自分を追い込んでいました。
(未熟もここまでいけば才能?)

本当はもっと冷静に自分の力を受け入れ、今自分がやることに集中することができればよかったのですが、そうはできませんでしたね。
(人生は勉強の連続です。)

ボクシングで勝ちたければ人間力を磨け!

私は日本ランカーとして日本のトップ10に名を連ねていました。
日本のバンタム級は、世界のスーパースターである井上尚弥選手を筆頭に、国内でも一番層が厚い階級です。

私がバンタム級のランカーだった時代も、日本ランキングトップ10のうち7名が世界ランキングを持っている大激戦時代でした。

そういう厳しい階級だったこともあり、私もなかなかランキング入りすることができず苦しんでいました。

そこで行き着いたのが、この『メタ認知ストラテジー』でした。
(もちろんこの言葉は知りませんよ。)

要は、客観的に状況を見極め、目の前で起こった問題に冷静に対処するということです。

私はこれが身についてから、一気にトップ10まで食い込んでいくことができました。

このレベルまでくるとボクシングのスキル云々ではないんです。

ボクシングの世界で、ある程度まで上に行くと、そこから勝負を分けるの、その個人が持つ人間力なんです。

スポーツの現場で人間教育がよく謳われるのは、そうしないとスポーツの世界では生き残っていけないという、とても現実的な理由なんです。

どうすれば冷静に状況判断できるのか?

ボクシングのリングは、
相手が殴りかかってくるという常に非常事態です。

そこでいかに冷静になれるようにするのか?

これは普段の生活での積み重ねだと思っています。

日常ではいろんなトラブルが起こります。

もしトラブルが起こったら、

まず深呼吸をして気持ちを落ち着かせ、今はっきりわかっている状況を整理する。

そして、自分の力でできることを明確にし、あとはそれを愚直にやり抜く。


結果は、天のみぞ知るです。

これを、普段から取り組んでいれば自然と身についていくのではないかなと思います。

私は、ボクシングでこれを意識し続けることで、なんとなくではありますができるようになってきました。

もちろんいきなりできるようにはなりません。少しづつです。

スクール生募集中!

KN-LINK BOXING CLUBでは、
幕張ベイパーク校のスクール生を大募集しています。

幕張ベイタウン校では、大人気につき満員募集中止となっています!

幕張ベイパーク校であれば、
まだ若干の席に余裕がありますので!

キャンペーンを延長させていただいております!!

『入会金&体験料無料キャンペーン』

ぜひご興味ある方は、無料体験にお越しください!!

ご予約お待ちしております!!