基本理念

・世界中の人々とつながる
・ボクシングを楽しむ
・人生を豊かに

ボクシングを通して経験したこと。
それは拳ひとつで世界がつながる感動でした。

ボクシングを通して学んだこと。
それは楽しむことが継続を生み、それが成果へとつながるという法則でした。

ボクシングを通して感じたこと。
それは夢を持つことは、時に残酷な現実を突きつけられるが、人生を豊かにしてくれるという希望でした。

KN-LINKは、
この想いを実現させるために事業を展開していきます。

代表挨拶

中野 敬太

Keita Nakano

代表

子どもの守るチカラを養う。

私が実現したいこと、それは「ボクシングを通して、全ての人々が自立し、自分のやりたいことにチャレンジできるようになること。」です。

ボクシングと聞くと、攻撃的なイメージを抱く人が多いかもしれませんが、実は一番大切なことはパンチを打たれないことです。つまり自分を守る力を持つということ。

リング上では誰も守ってくれません。自分の力だけで戦わなければなりません。そこで自分らしく力を発揮するためには、まず自分を守れるということがとても大切です。

当スクールでは、ディフェンスを中心に指導し、守る力を養い、積極的に何度でもやりたいことにチャレンジできるチカラを育てます。

KN-LINK BOXING CLUB
代表 中野 敬太

Profile Picture

スタッフ紹介

中野 敬太

Keita Nakano

代表

プロフィール

1985年7月17日生まれ 
福岡県出身
プロボクサー(2021年引退)
KG大和ボクシングジム所属
元日本バンタム級7位
2015年3月度月間敢闘賞受賞
プロ戦績35戦15勝(5KO)14敗6分


15歳で地元福岡でボクシングを始め17歳でプロライセンスを所得。その後国士舘大学に進学し20歳でプロデビュー。大学卒業後、所属KG大和ボクシングジムでボクシングトレーナーを10年間つとめ、小学生やフィットネス会員を中心に指導しながらプロボクサーとして13年間で35試合を戦う。
プロボクサーが、ボクシングで満足に収入を得ることができず、競技に専念できない環境に違和感を感じ、独自でスポンサーを集める活動を行う。
その間、単身で海外に渡りフィリピンやアメリカでのトレーニングを経験し、世界と繋がる夢を抱くようになる。

Profile Picture

ナイト 真理子

Knight Mariko

コーチ

プロフィール

1968年10月19日生まれ
東京都出身 

アマチュア戦績
3勝2敗1分け

海外旅行の添乗員、外資系企業勤務を経て、現在はアメリカからの留学生受け入れ団体に勤務。
イギリス人の夫、2人の子供、猫2匹と共に15年前からベイタウン在住。
4年前にダイエットの為にキックボクシングを始めるも、足の指を骨折したのを機に、ボクシングを始める。勢いでスパーリング大会に申し込み、2か月の間必死に練習に励むも敗戦。悔しさに火がつき、更に練習を重ね、現在に至る。
究極の個人競技ではあるけれど、リングに上がるまでにはたくさんの人の力を借りることになるボクシング。ボクシングの楽しさ、素晴らしさを多くの人に知ってもらいたいと願っています。

Profile Picture